Pocket

医療情報技師試験「情報処理技術系」の必須問題④

今回は、医療情報技師の情報処理技術系の必須問題④について説明していきます。

論理演算

論理演算

論理演算は覚えれば簡単です。

簡単なんですが、覚えたつもりでもごちゃごちゃになってしまいやすいです。そして、「あれどうだっけ?」ということになりやすいのです。

今回はまず先に出題傾向を見ていき、その後に単語の説明していきたいと思います。

 これまでの出題傾向①

 
問2
2進数の1101と1100の論理積の結果はどれか。
1) 0001
2) 0010
3) 0110
4) 1100
5) 1101

2011年 医療情報師能力検定試験 情報処理技術系 出題

答えは、4です。

これまでの出題傾向②

 
問13
2進数1110と1011の各桁の排他的論理和(XOR)はどれか。
1) 0011
2) 0101
3) 1010
4) 1100
5) 1111

2015年 医療情報師能力検定試験 情報処理技術系 出題

答えは、2です。

出題形式

上記の2問見てもらえばわかるように、意外とシンプルな形で出題されます。

一般的な論理演算を理解しておけば簡単に解けます。

論理演算を説明していきます。

論理演算

論理否定(NOT演算)

入力された値の逆を出力します。入力が真(1)であれば、出力は偽(0)となります。

逆に、入力が偽(0)であれば、出力は真(1)となります。

 

論理積(AND演算)

論理積は、どちらも真(1)の時に出力が真(1)となります。名前の通り、入力AとBをかけて出た値が、出力となります。

論理和(OR演算)

どちらが一つでも真(1)の時に出力が真(1)となります。つまり入力AとBを足して出た値が0であれば、0を出力し、1以上であれば1を出力します。

否定論理積(NAND演算)

NOT+AND演算のことです。AND演算の結果以外ということになります。

 

否定論理和(NOR演算)

NOT+OR演算のことです。OR演算の結果以外ということになります。どちらも偽(0)の時に真(1)となります。

否定〇〇〇は、「NOT+AND」「NOT+OR」と考えるとすっきりします。

排他的論理和(XOR演算)

排他的なんてちょっと難しく感じません?「1=1」「0=0」以外を真(1)となります。

排他的なんてついてますし、難しいイメージがあって、「他とは違う(一緒はイヤ)」と覚えていました。入力が同じ(お揃い)の時は偽(0)となります。

ごちゃごちゃになっていませんか?

ひとまず、

  • 論理否定、論理積、論理和を覚えておく
  • 否定的が付けばNOT+〇〇〇
  • 排他的は、お揃いはイヤ

と覚えておいてください。

今回は、医療情報技師 情報処理技術系の必須問題④について説明しました。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

Pocket