Pocket

医療情報技師試験「情報処理技術系」の必須問題⑦

今回は、医療情報技師 情報処理技術系の必須問題⑦について説明していきます。

ネットワーク機器

ネットワーク機器

今見ているパソコンやスマホは、どうやってインターネットに接続していますか?

無線LAN・ルータ・光ファイバーと繋がっていますよね?

これは、病院でも家でも同じです。

これらネットワーク機器についての出題ポイントを説明していきます。

  • OSI参照モデルでは、第何層か?
  • 機能は?

の二つです。

ネットワーク間を接続する機器は以下の4つです。

  • リピー
  • ブリッジ
  • ルータ
  • ゲートウェイ

下位層から紹介します。

リピータ

<OSI参照モデル>物理層

<機能>信号を増幅して伝送距離を延長。つまり延長コードです!

ブリッジ

<OSI参照モデル>データリンク層

<機能>データ中継機器。スイッチングハブ(いわゆるスイッチ)もブリッジの一種

ルータ

<OSI参照モデル>ネットワーク層

<機能>IPアドレスを用いて転送制御を行う

ゲートウェイ

<OSI参照モデル>7層すべて

<機能>プロトコルの違うネットワーク同士を接続する

 

これまでの出題傾向①

 問23
複数のLANを接続し中継するために用いるデータリンク層の装置はどれか。
1) ルータ
2) ブリッジ
3) リピータ
4) ゲートウェイ
5) ファイアウォール

2015年 医療情報師能力検定試験 情報処理技術系 出題

答えは、2です。

これまでの出題傾向②

 問20
複数のLANをネットワーク層で相互に接続するのに使用する装置はどれか。番号を解答記入欄( 20 )にマークしなさい。

1)  ハブ
2)  ルータ
3)  ブリッジ
4)  リピータ
5)  ゲートウェイ

2011年 医療情報師能力検定試験 情報処理技術系 出題

答えは2です。

見てわかるように解説は不要だと思います。

上記で示したポイント(参照モデルと機能)を覚えておけば、問題ありません。

私は、

「コード(物理層)をリピートして延長」

「データ(リンク層)をブッリジして中継」

「ネットワーク(層)のルートを転送」

「七つの玄関(ゲートウェイ)を接続する」

といった感じで、簡潔に覚えていました。

こじつけでもなんでもいいので自分で物語やゴロを作るのは、暗記の有効な方法ですね。

 

今回は、医療情報技師の情報処理技術系の必須問題⑦について説明しました。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

Pocket