Pocket

医療情報技師合格のために使用する参考書

 

さてさて、医療情報技師の資格合格にあたり、この参考書選びの結果が最も勉強時間を左右します。

医療情報技師のHPをじっくり見てみましょう!

何事も情報収集が大事ですので、医療情報技師の試験は一体どこの参考書・教科書から問題が出るのか調べてみましょう。

そうすると医療情報技師のHPに <試験実施要項>  <出題範囲> 

■「医療情報 医学・医療編」、「医療情報 情報処理技術編」、「医療情報 医療情報システム編」の第5版に準じます。
■制度改正の動向など、医療情報技師として知っておくべき事柄については、教科書に記載がなくとも常識の範囲内で出題することがあります。
■教科書に記載されていないテーマを出題する場合には、常識の範囲内で解けるように工夫して出題します。

と記載されています。

参考書①医療情報

つまり参考書としては、基本にこの中から出題されるという訳ですね。

(※写真の参考書は、第2版です。第15回より第5版からの出題となりました。)

 

気になるのは、「常識の範囲内でそれ以外も出します」との記載ですが、ここは無視して大丈夫です。恐らく保険みたいな文言ではないかと思います。

万が一「教科書以外の範囲も出題されているぞ」っといったクレームが来たときにも対応できるように、出題の範囲に幅を持たせているのだと思われます。

必要となる参考書は、「医学・医療編」、「情報処理技術編」、「医療情報システム編」の3冊です。

以下は公式の参考書です。


医療情報 医学・医療編 
2016/10発売 Amazon


医療情報 情報処理技術編 
2016/08発売 Amazon


医療情報 情報処理技術編 
2016/08発売 Amazon

 

現在(2017年6月時点)、販売は第5版しかありません。

第14回(2016年度)までは、第2版が出題範囲となっていましたが、第15回より変更となりました。

 

そして、どの試験でも必要なもの・・・・

 

そう、それは過去問!!

参考書②医療情報技師 能力検定試験過去問・解答法

おそらく、これが一番使います。

過去問は毎年新しく出ていますので、受ける年の過去問を購入して下さい。

公式の過去問・解説集はこちらです。

過去問についてはこちらの記事もご参考ください

医療情報技師合格への過去問の効率的な勉強法と注意点

 

参考書の総額は、

医療情報 医学・医療編       ¥3,300+tax

医療情報 情報処理技術編       ¥3,300+tax

医療情報 医療情報システム編                 ¥3,300+tax

過去問 最新版                                           ¥3,000+tax

合計 ¥12,900+tax

 

う~~ん…こう見ると、参考書総額はやっぱり高いですね。

そもそもの話、試験料も高いですし…
試験をどこかの会場に受けに行くということは、交通費もかかります。

試験に臨むにあたり予算を少しでも抑えたい場合は、まず過去問を解いてみましょう。そうしてみて「医療情報」3冊の中でも自信がある領域は、購入しなくてもいいかもしれません。

ただ、これら参考書や過去問集は意外と欠品している時があるので、必要なものは早めに注文した方がいいです。Amazonや楽天ブックスで各種参考書を取り扱ってはいるのですが、欠品頻度はわりと高めです。買うものは早めに手に入れましょう~。

結論として

はっきり言えることは、優先すべき参考書はなんといっても過去問です。

受けると決めたら過去問をまず購入しましょう。

 

医療情報技師の試験合格に向けての参考書のお話、今回はここまでです。

お読みいただき、ありがとうございました。

Pocket